長沢商事㈱の株式取得に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、100%子会社である株式会社ファルマステップ(東京都大田区、代表取締役:三浦輝久)を通じて、調剤薬局を1店舗運営する長沢商事株式会社(東京都多摩市、代表取締役:長澤高助)の株式を取得いたしましたのでお知らせいたします。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

今日までCHCPは、群馬県前橋市に所在する有限会社ケイ・アイ・ティーと埼玉県比企郡小川町に所在する株式会社キュアメディカル及び東京都大田区に所在する株式会社ファルマステップの3社を当社グループに迎え入れております。この度新たに株式を取得いたしました長沢商事㈱の1店舗及び同日付で同社グループへ事業譲渡した株式会社メディカルパティオ、株式会社パティナスの3店舗を加え、合計23店舗の調剤薬局グループとなりました。今後もさらに地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化をすすめ、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、事業拡大に取り組んでまいります。

 

以上

 

本件に関するお問い合わせ先
Email:info@chcp.jp
 

PDFは「こちら」から。

 

㈱メディカルパティオ、㈱パティナスが運営する調剤薬局3店舗の事業譲受に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、100%子会社である株式会社キュアメディカル(埼玉県比企郡小川町、代表取締役:松田剛)を通じて、株式会社メディカルパティオ、株式会社パティナスが運営する調剤薬局3店舗(あすなろ薬局けや木店、けや木南店、東台店)の事業を譲受いたしましたのでお知らせいたします。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

今日までCHCPは、群馬県前橋市に所在する有限会社ケイ・アイ・ティーと埼玉県比企郡小川町に所在する株式会社キュアメディカル及び東京都大田区に所在する株式会社ファルマステップの3社を当社グループに迎え入れております。この度新たに事業を譲受いたしました3店舗及び同日付で同社グループとなった長沢商事株式会社の1店舗を加え、合計23店舗の調剤薬局グループとなりました。今後もさらに地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化をすすめ、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、事業拡大に取り組んでまいります。

 

以上

 

本件に関するお問い合わせ先
Email:info@chcp.jp

 

PDFは「こちら」から。

㈱田無薬品の運営する調剤薬局3店舗の事業譲受に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、子会社である株式会社CHCPファーマシー(東京都千代田区、代表取締役:国沢勉)を通じて、株式会社田無薬品(東京都西東京市、代表取締役:中村洋司・伊集院一成)が運営する調剤薬局3店舗の事業を譲受いたしましたのでお知らせいたします。なお、本事業の譲受会社は、株式会社ファルマステップ(東京都大田区、代表取締役:三浦輝久、株式会社CHCPファーマシーの100%子会社として新設)となります。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

今日までCHCPは、群馬県前橋市に所在する有限会社ケイ・アイ・ティーと埼玉県比企郡小川町に所在する株式会社キュアメディカルの2社を当社グループに迎え入れております。この度新たに当社グループとなった株式会社ファルマステップを加え、合計19店舗の調剤薬局グループとなりました。今後もさらに地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化をすすめ、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、事業拡大に取り組んでまいります。

 

以上

 

PDFは「こちら」から。

 

本件に関するお問い合わせ先
Email:info@chcp.jp

 

コーポレートサイト ▷ 株式会社ファルマステップ

株式会社キュアメディカルの株式取得に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、子会社である株式会社CHCPファーマシー(東京都渋谷区、代表取締役:国沢勉)を通じて、株式会社キュアメディカル(埼玉県比企郡小川町)の株式を取得しましたのでお知らせいたします。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

CHCPは、9月に当社グループとなった有限会社ケイ・アイ・ティー(群馬県前橋市)をはじめとして地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化に注力し、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、事業拡大に取り組んでまいります。

 

以上

 

 

本件に関するお問い合わせ先
Email:info@chcp.jp

PDFは「こちら」から。

第三者割当増資の実施に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、住友商事株式会社(以下、住友商事)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしましたのでお知らせいたします。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

住友商事は、地域ヘルスケア連携基盤への参画を通じ、地域包括ケアシステムにおける基盤構築と課題解決に寄与することで、在宅医療・介護の普及、利用促進に貢献します。また、調剤併設型ドラッグストアを展開するグループ会社の株式会社トモズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:徳廣英之)や、2017年6月に出資した訪問看護事業者向け業務支援システム「iBow」(アイボウ)の開発・運営を行う株式会社eWeLL(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中野剛人)などとも協業し、ヘルスケア・在宅関連ビジネスの拡大に取り組んでいきます。

 

弊社は、住友商事との連携を通じて更なる事業基盤の拡大を目指すと共に、地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化に注力し、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、CHCPの事業拡大に取り組んでまいります。

 

<住友商事株式会社 概要>
会社名 :住友商事株式会社 (SUMITOMO CORPORATION)
設立 :1919年12月24日
代表者 :代表取締役 社長執行役員 CEO 中村邦晴
本社 :東京都中央区晴海1丁目8番11号
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーY棟
 
以上

 

 
本件に関するお問い合わせ先
Email:info@chcp.jp

 

PDFは「こちら」から。

ケイ・アイ・ティーの株式取得に関するお知らせ

株式会社地域ヘルスケア連携基盤(英語名:Community Healthcare Coordination Platform, Inc. 、以下「CHCP」、東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉)は、子会社である株式会社CHCPファーマシー(東京都渋谷区、代表取締役:国沢勉)を通じて、有限会社ケイ・アイ・ティー(群馬県前橋市)の株式を取得しましたのでお知らせいたします。

 

現在、日本の医療・介護費は約50兆円、日本のGDPの10%の規模に達しており、今後も高齢化の進展に伴い増加が見込まれています。社会保障費の抑制はわが国喫緊の課題であり、医療・介護領域において、効率的かつ質の高いサービスを提供するための体制整備が強く求められています。また、中小規模の事業体が多い医療・介護業界では、後継者や人材の不足が一層深刻な問題となっています。

 

CHCPは、株主であるユニゾン・キャピタル株式会社をはじめとして、株式会社みずほ銀行、株式会社福岡銀行、三井不動産株式会社、WiL LLC.等の企業の協力を仰ぎながら、ヘルスケア事業者の経営支援にあたります。先ずは、地域に根差して運営されてきた中小規模の調剤薬局のグループ化に注力し、調剤薬局を政府の推進する地域包括ケアの担い手として発展させることにより、事業拡大に取り組んでまいります。

 

PDFは「こちら」から。

 
以上